S様邸の最近のブログ記事

鈴木様完成.gif長い工事期間を要した耐震改修工事がいよいよ終了となります。

完了検査の申請も終わり後は検査を待つばかり・・・

真夏の太陽が照りつける頃~みぞれ混じりの師走まで本当に長い時間がかかりました。もう工事が終わってしまうのかと思うとちょっと寂しい感じがします。

外観から内観までちょっぴり懐かしさを残し、まったく別のお宅のように変身しました。

見た目だけでなく、建物自体の性能も新築同様向上しております。

鈴木様完成玄関.gifここに新しい足跡を残し、お待たせ致しております次のお客様のお役に立てるよう、過去にとらわれず、すばらしい空間が完成できますよう頑張って行きたいと思います。

木のぬくもりを大事にした次回ご紹介物件まで今しばらくお待ち下さい。

玄関仕上げ.gif耐震改修工事もいよいよ最終工程へと進みます。

左の写真は玄関のタイル施工の状況です。

玄関収納が取り付けられクロスが仕上がり完成となります。

天井が非常に高く、大きな柱が違和感なく存在しています。

完成が非常に楽しみですね!

キッチン床完成.gif待ちに待ったキッチン室内工事が終了しました。

木のぬくもりが感じられる柔らかな空気が漂う空間へと変身しました。

 

 

 

 

 

 

 

キッチン梁完成.gif

 

 

天井を見上げると、そこには大きな梁が見えます。

柔らかな空間の中にも強さがあり、安らぎと共に安心を感じることが出来る空間へと変わりました。

お孫さんが大声で笑いながら遊ぶ姿が想像されますね!

 

キッチン組み立て.gif室内工事も順調に進んでおります。

今日は、奥様がお選びになりましたシステムキッチンの組み立て日。

ハイセンスなキッチンが、手馴れた職人さんの作業により、手際よく組み立てられていきます。

完成がたのしみです。

外壁下地終了.gif耐震改修工事も順調に進み、サッシ入れ替え、断熱充填、ベニア張り、タイベック張り、胴ブチ下地と外周部の耐震補強工事が終了しました。

この後外壁工事が施され、外部の完成となります。

室内側はまだまだですが、外観は家らしくなってきました。

断熱改修とペアガラスのサッシ入れ替えの影響が室温を見ると一目瞭然で、空調をしてないにもかかわらず、外気温と室内の気温の差がかなり発生しました。

これにより夏冬共快適にお住まいいただけることと思います。

キッチン造作1.gif内装工事も順調に進みます。

キッチンカウンター付近の作業風景です。

吊とだなの下地、カウンターの下地が見えています。

 

 

 

 

 

 

キッチン造作2.gif

 

 

 

かなり部屋らしくなってきました。

カウンターが取り付けられた後、いよいよキッチンの据付へと進みます。

完成が楽しみですね!

断熱耐力壁.gif耐震改修工事も順調に進みます。

左の写真は、金物補強→断熱充填→構造用合板と施工された状況です。

外部は約70%程度補強工事が進み、この後下地工事が施され外壁工事へと進んでいきます。

この間、工事中に上越で震度5弱の地震がありビックリ、お客様からは(大丈夫ですか?)と問い合わせがありましたが、(大丈夫ですよ)と一言。ある程度の段階まで進むと、少々の地震にもびくともしなくなります。とは言え変な地震は来てほしくないですね。

 

 

大黒柱.gif耐震改修工事も順調に進み、いよいよ当社の特徴とも言える用意された大黒柱が所定の位置に取り付けられました。

自重700kg近くはあると思われる杉の丸太を、この位置までレッカーを使わずに移動設置するに、はとてつもない労力を必要とします。

長年の勘と知恵により無事設置されました。

玄関を開けると大黒柱が見え木のぬくもりが伝わるすばらしい玄関へと変身しそうです。

完成が楽しみですね!

ネオマ施工.gif今回の工事は耐震改修工事に併せ、断熱改修工事も行います。

左の写真は床断熱施工状況です。

断熱材はネオマ60㍉厚と言う商品で(タルキの間に見えるピンク色の物)、長期優良住宅にも適応しているハイグレードは断熱材になります。

今回の工事では1Fの床断熱すべてに施工される予定で、かなりの保温効果が期待されます。

金物補強.gif解体工事も進み、外壁が撤去された後、金物の補強工事が進みます。柱頭柱脚に左の写真の金物が取り付けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

金物補強1.gif

 

 

 

スジカイの両端に取り付けられる金物の施工状況です。

 

 

 

 

壁断熱.gif

 

 

 

 

 

金物補強が終わると断熱材の取付になります。

 

 

構造用合板.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に構造用合板を張り耐力壁の完成です。

耐震設計に基づき指示された箇所(外部に面する面)はすべてこの様な耐力壁が施されます。

これで地震が来ても安心です!

断熱施工1.gif真夏の暑さも峠を越し、ようやく作業のしやすい環境となってきました。

最近の陽気がずっと続いてくれたらと思う今日この頃、作業は外部、内部共に進みます。

左の写真は、断熱改修の作業状況です。

こちらの商品は長期優良住宅にも使用可能なハイグレードグラスウールになります。今までは全くといってよいほど断熱材が入っていなかったお宅にハイグレードグラスウールが施され、かなりランニングコストの低減が期待できることと思われます。

断熱施工2.gif

 

 

 

施工後の様子です。

丸太背われ.gifこちらのお宅の敷地内で行われております刻み工事風景です。

玄関先には当社が手掛けた物件には必ず存在する丸太の柱。

左写真は、このお宅の玄関先に建つ杉の丸太の加工風景です。

チェンソーによる背割れ入れの作業が行われておりますが、この作業は、建てられてからのひび割れを防止する昔ながらの知恵で、一般の住宅の柱でも壁に隠れて見えませんが、この加工が施されています。

 

基礎孔.gifこちらのお宅は、昭和56年以前に建てられたお宅で、当時の施工では当たり前だったのか、鉄筋が入っていない基礎で、耐震補強には、基礎の強度増してあげる必要がありました。

今回の基礎補強の対処としては、既存基礎の側壁に、鉄筋入りの基礎を増設することで、一定の数値をクリアできることが出来ました。

左の写真は、鉄筋が刺さる孔があけられたところです。

 

 

ホールダウン付近.gif

 

 

コンクリート打設前のセ配筋状況です。

アンカーボルト、ホールダウンがそれぞれの鉄筋に緊結されている状況がわかります。

 

 

 

 

基礎増し打ち直前.gif

 

 

 

 

 

基礎増し打ち部打設直前の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎増し打ち部コンクリ打設.gif

 

 

 

 

 

 

 

基礎増し打ち部のコンクリート打設の状況です。

この施工により、既設の基礎が、強固な基礎へと変身します。

屋根完成.gif屋根の完成状況です。

コンクリート瓦屋根から、金属屋根に変わり、安定感が増しました。

こちらのお宅は、下屋の屋根もすべて葺きかえられます。

屋根梁.gif屋根瓦の撤去も終わり、野地板、タルキが撤去され、屋根の架け替え工事が始まりました。今回切妻屋根から方流れの屋根に変更となります。

 

 

 

 

 

 

 

屋根造作1.gif低い側の屋根の造作風景。

高い場所での作業になり、慎重に工事が進められていきます。

 

 

 

 

 

 

 

屋根造作2.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根造作3.gif

 

 

 

 

 

 

高い側の屋根の造作が始まり、これが終わると屋根工事が終了します。

屋根瓦撤去.gif暑い日が毎日続く中、屋根瓦の撤去工事が始まりました。

この工事は、屋根の重量を軽くして、耐震設計に対する数値の低減を図り、より一層安全性を向上させる工事になります。

頭が重いと、小さな震度でも大きく揺れるのは一番に、屋根の重量に影響されるからと考えられます。

 

 

 

屋根瓦撤去後.gif

 

 

屋根瓦撤去後の状況です。

設計では、屋根形状が変更になるため、これからさらに解体が進みます。

外壁解体.gifこちらのお宅の工事は、1地番の目的を耐震改修による安全性の向上とし、その内容は、構造用合板による耐力壁の作成、筋かいの増設等となり、外部からの作業が大半を占めます。その為、外壁等はすべて撤去処理されます。左の写真は、外壁撤去作業風景です。

屋根の形状も変わる為、外観は外壁を含め、かなりイメージが変わると思われます。

暑い中ご苦労様です。

仮設足場.gif増築部分の基礎工事も終わり、いよいよ仮設足場工事が始まりました。

今日も朝からとても暑く、外作業される職人さんたちには、過酷な状況のなかでの工事になります。

熱中症対策を万全に、安全作業に取り組みます。

コンクリート打設.gif配筋検査も終わり、型枠が組まれ、いよいよコンクリートの打設へと工程は進みます。

長年培われた経験と勘を頼りに、工事は順調に進みます。

配筋検査.gif基礎配筋検査の状況です。

建物の安全性にかかわる一番重要な部分になります。

慎重に検査が進みます。

 

 

 

 

 

 

基礎配筋.gif

ガス配管移設.gif今回の工事は、増築部分基礎完成予定箇所に、ガス配管や、水道メーター等がある為、移設工事が必要となりました。

左写真は、基礎工事に干渉しないように、切り回し移設をしている所です。

専用の道具が必要になり、気の抜けない作業になります。

土間解体.gifこの工事は、増築工事も伴う工事で10㎡以上超える為、確認申請が必要となりました。

確認申請も無事終わり基礎工事が始まりました。

増築部分には色々な難題が待ち受けており、ガスメーター器の移設や、水道メーター器の移設が必要となります。

左写真は道路境界線にある塀の撤去状況です。